青汁によって野菜不足の問題を解決した私の体験談

人間は健康のためには野菜をたくさん食べるようにしなければならないものです。しかし現実は、明治時代以降の肉食文化の流入などの影響によって、野菜をたくさん食べることが難しい環境になっています。例えば外食に行った場合であっても、どうしても料理に使用される食材は、炭水化物とお肉が中心になりがちです。また野菜は炭水化物とは違って、自分で手を加えて料理をしなければ、なかなか食べられないものです。例えばインスタントラーメンのような炭水化物であれば、ちょっとした手間で簡単に作って食べられます。けれども野菜をたくさん食べようとすると、一番簡単なサラダであっても、何種類かの野菜を包丁で切り、まな板を洗うなどといった非常に手間のかかる作業が生じてしまいます。そのため現代人はなかなか野菜が食べられないのです。

私もずっと深刻な野菜不足による栄養の偏りに悩まされてきました。私の場合は仕事がとても長時間労働であるため、とにかく食事に時間をかけている余裕がありません。そうなると、とりあえず炭水化物を食べてお腹を一杯にしようとしか考えられなくなってしまうのです。けれどもそんな生活をずっと続けていると、体に不具合が生じてきてしまいました。まず疲れやすい体質になってしまいました。おそらくエネルギーの活用を円滑に進めてくれる役割のビタミンB群が、野菜を食べないことによって不足してしまったことが原因です。他にもビタミンCの不足によって風邪を引きやすくなるなどといった体の不具合も発生していました。

そこで私は青汁を活用し始めました。私が購入した青汁は、粉末状になっているものを水で溶かすだけで飲めるタイプのものです。そのためどんなに忙しい時であっても、わずか1分ほどの間で作って飲むことができます。しかも青汁というものは、緑黄色野菜を材料のメインとしています。そのことがとても私にとっては助かります。なぜかというと私は緑黄色野菜を食べることが苦手だからです。緑黄色野菜はどうしても味に強いクセがあるものが多いため、苦手なのです。しかし青汁は、そんな緑黄色野菜の豊富な栄養素も簡単に摂取することが可能です。完璧に一日に必要な野菜を全て補うことは難しいですが、このわずか1分で飲むことができる手軽な青汁のおかげで、深刻な野菜不足は解消されました。それからは疲れやすい体質も改善されました。全て青汁のおかげであるため、青汁にとても大きな感謝をしています。

飲みやすい青汁